スタッフ日誌 バックナンバー

2018.04.16
知って納得!ご葬儀の豆知識 第24弾
葬儀・告別式とは

葬儀にはご遺族やご親族、親しい友人が参列します。葬儀は、故人様の死を悼み、残された人が読経・念仏の供養をし、会葬者が焼香をして、その成仏を祈る儀式。また、故人様との最後のお別れをする儀式のことをいいます‭。‬

葬儀・告別式の流れ

【葬儀】
遺族・親族の着席
会葬者着席
僧侶の入場
開式の辞
読経、引導
弔辞、弔電披露
焼香
葬儀閉式の辞

【告別式】
告別式開式の辞
一般会葬者焼香
僧侶退場
告別式閉式の辞
2018.04.02
知って納得!ご葬儀の豆知識 第23弾
服装・持ち物で注意すること

一般の会葬者は遺族より大げさにならないようにしましょう‭。‬

服装に関して
通夜は略式喪服で参列、黒・グレー・紺などの色をメインに地味な色のスーツやワンピースで、葬儀に参列するときは、男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルウェアとなります‭。‬

数珠は必要‭?‬
必ず数珠は必要というものではありません。しかし、仏事には持っていくにこしたことはないでしょう。宗派により形や用い方も違いますが、自分の持っているものでかまいません‭。‬

子どもは制服が基本‭?‬
基本的には制服が正装となり、ない場合は地味な色の私服を着用しましょう。小学生、幼児の場合は黒、グレー・紺などの地味な色、控えめのデザインのものを。大学生は大人同様喪服を着用しましょう‭。‬

社葬式の場合
正式な喪服を着用。実行委員や一般社員は略礼装でも良いのですが、黒を着用するほうが無難といえます‭。(‬男性:ブラックスーツ、女性:ブラックフォーマルウェア‬)

お別れ会、偲ぶ会の場合
新しい考え方で行う葬儀スタイル。故人様の意思を尊重するものであり、自由な葬儀を営むことが出来ます。弔問客や参列者は必ずしも喪服ではなく、そのスタイルに合わせた服装で参列することもあります‭。‬
2018.03.19
知って納得!ご葬儀の豆知識 第22弾
御香典を包むときの注意 2

金額の目安
基準として故人との関係、贈る側の社会的地位を考えましょう‭。‬

【祖父母】
贈り主(年代・金額)
20代:   1万円‭~‬3万円
30代:   1万円‭~‬3万円
40代以上: 3万円 ~ 5万円

【両親】
20代:   3万円‭~‬5万円‬
30代:   5万円‭~‭10万円
40代以上: 5万円‭~‭10万円

【兄弟・姉妹】
20代:   2万円 ~ 3万円
30代:   3万円 ~ 5万円
40代以上: 3万円 ~ 5万円

【叔父・叔母】
20代:   1万円
30代:   1万円 ~ 2万円
40代以上: 1万円 ~ 3万円

【その他の親戚】
20代:   5千円 ~ 1万円
30代:   5千円 ~ 1万円
40代以上: 5千円 ~ 1万円

【友人・知人】
20代:   3千円‭~ 5千円‬
30代:   5千円 ~ 1万円
40代以上: 5千円 ~ 1万円

【近隣の方】
【その他の親戚】
20代:   3千円 ~ 5千円
30代:   3千円 ~ 5千円
40代以上: 3千円 ~ 5千円

香典はふくさに入れて
香典袋をむき出しのままポケットやハンドバッグから出すのは不作法になります。
ふくさに包んで持参し、渡す時は必ずふくさから出して渡しましょう。
2018.03.05
知って納得!ご葬儀の豆知識 第21弾

御香典を包むときの注意

不祝儀袋での表書き。表書きは宗教によって異なります。宗教・宗派の形式に気をつけて選ぶ事が大切です。

【仏式】
仏式では、表書きは「御霊前‭」「‬御香典」と。水引は黒白の双銀の結び切りを‭。‬‬

【神式】
神式では、表書きは「御霊前‭」「‬御榊料‭」「‬玉串料」と。水引は黒白か白または双銀の結び切りを‭。‬‬‬

【キリスト教式】
キリスト教では表書きは「御霊前‭」「‬御花料‭」(‬共通‭)「‬御ミサ料‭」(‬カトリック)ユリの花や十字架の描かれたものはキリスト教専用‭。‬‬‬‬‬

「香典・供花の辞退」とある場合
葬家の意向をくみとり、思いやりのある弔問をする。供物が可能であれば、線香・抹香・ろうそく・果物等、故人様の好んだものを贈りましょう‭。‬
「御霊前」「御佛前」の違い
一般的に、御霊前は通夜・葬儀に御佛前は法事(法要)のときに、目的に合わせて使い分ける‭。「‬御霊前」は宗派に関係なく共通して使えると言われています‭。‬‬
2018.02.19
知って納得!ご葬儀の豆知識 第20弾

ご葬家様に、故人の死を悼み、弔う気持ちをお伝えする。

■弔電を贈る
弔問できない時に弔意を表します。弔電を打つ場合は葬儀や告別式の前日までに届くように宛先は喪主か、喪主が不明なときは故人の名前を書き、続けてご遺族様とする‭。‬115番へ「弔電」と指定する。定型の文例を参考にすることもできます‭。‬‬

■お花を贈る
自分で持ち込まず、贈るのが一般的。宗教によるしきたり、故人様やご遺族の意向もあるので、事前に確認をしてからお通夜当日の早い時間に届くように手配。葬儀後の後飾りとして自宅に送ることもあります‭。‬‬
2018.02.05
知って納得!ご葬儀の豆知識 第19弾

■弔辞を頼まれた場合
告別式のときに、故人を偲びお悔やみの言葉を捧げてください。喪主・ご遺族から依頼されたら快く引き受けるのが礼儀です。よほどの事がないかぎり、辞退をするのは非礼にあたってしまいます‭。‬

■弔辞を書くときの注意点
故人様の死に対する悲しみと、ご冥福を祈る気持ちを素直に書き表します。基本的な順序に沿って書くことが大切です‭。‬400字詰め原稿用紙2‭~‬3枚にまとめましょう‭。
2018.01.22
知って納得!ご葬儀の豆知識 第18弾
受付を頼まれた場合
お通夜‭・‬葬儀・告別式の受付は、受付の場所を整備し、会葬帳、香典記帳簿、供物記帳簿、筆記用具の準備をし、会葬者の記帳、香典などの受付を行う。 受け付けた香典は会計係に廻します‭。‬‬
セレモニーの直営葬儀式場でご葬儀を執り行う場合、受付備品は完備されております‭。
2018.01.09
知って納得!ご葬儀の豆知識 第17弾

訃報の知らせを受けたら
いつ、どこで、誰が亡くなったのかを確認してください。通夜、葬儀はいつ、どこで行われるのか、日時と場所、喪主様、葬儀の形式などを確認してください‭。

親戚・身内の方の場合
相手の意向を確かめた上、一刻も早く駆けつけてあげてください。その際はきちんとした喪服の必要はなく、地味目の普段着や通勤着で構わないので訪問先でお悔やみをのべて下さい。

ご近所の方の場合
親しくお付き合いをしている場合は、すぐに弔問し、お手伝いを申し出る。あまり親しくお付き合いがない場合は、お通夜に参列することが一般的です。

あまり親しくない場合
故人様とは親しくしていてもご遺族との面識がまったくない場合は、お通夜に参列するのが一般的です。

故人様との対面の仕方
あくまで遺族から勧められたら対面します。故人様の枕元で一例します。ご遺族が白布を外したら故人さまとご対面となり、ご対面後は合掌一礼をし、少し下がってご遺族に対して一礼をして退席となります。
また、対面することを控えたい場合は「つらすぎますので」と断っても構いません。
※弔問客側から対面を希望することはマナー違反になります。
2017.12.25
知って納得!ご葬儀の豆知識 第16弾

危篤の知らせを受けたら、危篤の連絡を告げるべき人は二等親まで。また、関係の深い友人。知人、また本人が会うことを希望している方に知らせます。危篤の連絡を受けた場合は、早めに駆けつけてください。
2017.11.27
ご存知ですか? 葬儀の公的給付

当社の「家族葬」のチラシにも記載されておりますが、ご葬儀の際に、国民健康保険に加入している方はご葬儀の際に公的給付が受けられます。
公的給付は市によってその金額が異なります。
ご葬儀には知っておいて損は無い情報が結構あるんです。
事前に知ることで、損がないお葬式を・・・
2017.11.13
知って納得!ご葬儀の豆知識 第15弾

【キリスト教】  献花

1.係りの人から花を受取り、花の部分を右手にして両手で受け取ります。

2.花を横にし、両手で持ち、祭壇前に進み一礼します。

3.茎が祭壇のほうへ向くようにします。

4.遺影を仰いで黙とうを捧げます。

5.遺影に一礼し、向きを変えて遺族に一礼します。
2017.10.30
知って納得!ご葬儀の豆知識 第14弾

【神式】 玉串奉奠
①ご遺族、神官に一礼し、神官から玉串を受取り一礼。玉串は右手で榊を上から持ち、左手を葉の下に添えます。

②祭壇の前に進み、玉串を胸の高さに上げて一礼する。

③玉串を時計周りに回して枝元を自分の方に向け、右手で自然に枝を下から持ちます。枝元を左手に持ちかえ、さらに時計回りにして枝元祭壇に向けます。

④玉串を供える。

⑤1、2歩下がって遺影に二礼二拍手一礼(音を立てないしのび手で)します。

⑥神官、ご遺族、遺影に一礼して席に戻ります。
2017.10.02
知って納得!ご葬儀の豆知識 第13弾
==焼香の順番を決める==
喪主様・故人様との血縁の深い方から行ないます。

【仏式】焼香
1.司式者、ご遺族に向かって一礼し、焼香台に進んで、遺影に向かって一礼。

2.抹香を右手の親指、人差し指、中指の3本で少しつまみ、軽く頭を下げた姿勢で目のあたりまで持ち上げます。

3.香炉の中に抹香を静かに落とします。1回~3回おこないます。
※宗派によって異なります。

4.心を込めて合掌し、冥福を祈ります。

5.1歩さがって遺影に一礼。さらに、2、3歩下がり、司式者と御遺族に一礼して席に戻ります。
2017.09.19
知って納得!ご葬儀の豆知識 第12弾
==お通夜 その2==

◆葬儀式場にて◆
・式の規模によりますが、開始30分前には受付が始められるように準備しておきましょう
・芳名札をチェックし、故人様と縁の深い順番にします。名前の間違いがないか再確認しましょう。
・司式者を控室に通し、茶菓でおもてなしします。喪主様は出向いて挨拶を済ませましょう。
・お通夜やご葬儀での読経や、戒名をつけていただいたお礼に司式者に渡すお布施は、ご葬儀の翌日に寺院を訪れた時にお渡しします。または葬儀後、通夜後にお渡しすることも多いです。お車代など必要に応じて用いましょう。
2017.09.04
知って納得!ご葬儀の豆知識 第11弾
==お通夜 その1==

故人様の霊を慰めるため、近親者や故人様と親しかった人達が線香とろうそくの灯を絶やさずに夜を徹して付き添い、故人様を偲んで別れを惜しむのが通夜です。
本来、通夜はご家族やご親族で行ない、一般の会葬者は葬儀・告別式に参列しますが、現在は、会社帰りなどでも出席しやすいなどの理由で一般の方も通夜へ参列することが多くなっています。

■通夜の流れ■
遺族・親族着席
参列者着席
僧侶入場、読経
焼香
僧侶の法話
僧侶退場
通夜ぶるまい

次回は葬儀式場(お通夜)での豆知識をご紹介したいと思います。
2017.08.21
知って納得!ご葬儀の豆知識 第10弾
==服装や持ち物について==

■なるべく地味なものを選びましょう
色物を避け、モノトーンの色とし、光る素材、透ける布は避けるなど流行も追わないものにしましょう。

■子供は制服が基本となっています
子どもは制服が基本です。男の子は黒・グレーなどのズボン。女の子はワンピースや地味なスカートにシャツでまとめるといいでしょう。

■数珠は必ず必要?
仏式であれば、数珠を持参したほうがいいでしょう。葬儀参列の際、使用していない時は左手で持ち、焼香をする時は右手で焼香、左手で数珠を持つようにします。合掌する時に両手を合わせて親指と人差し指の間に持ち直しましょう。(宗派により使い方が異なります)

■社葬式の場合
男性は正式な装いとしてのモーニングコート、女性は喪服(和装)を着用します。

■お別れの会(偲ぶ会)での注意点
宗教用語やお悔やみの言葉は避けましょう。「当日は平服でお越し下さい」との表記がある場合には、派手な色合いやカジュアルな服装は避け、地味な色合いのスーツやワンピースなどを着用するといいでしょう。男性のネクタイは無地が好ましいです。

2017.08.07
知って納得!ご葬儀の豆知識 第9弾
==事前の準備2==
◆世話役(受付)等の依頼◆
遺族に代わってご葬儀を仕切る世話役は信頼できる人に頼みます。普段から親族と交流のある人を選ぶのが適切です。

◆遺影写真の選び方◆
遺影写真は一番故人様らしい写真を選んでください。以前は白黒写真でしたが、今はカラー写真が一般的になっています。暗い表情のものや、ピントの合っていない写真などは避けてください。

◆お布施の用意◆
お布施は白封筒か不祝儀袋にいれます。金額は決まっていない場合もあるので、司式者など各宗派の司式者(司式者紹介の場合は葬儀社)に相談するといいでしょう。お車代、お膳代は5,000円~10,000円程度が一般的です。
2017.07.24
知って納得!ご葬儀の豆知識 第8弾
==事前の準備1=

予算を決め、葬儀社に見積書の作成を依頼しましょう。

◆儀一式の費用◆
ご葬儀の規模や場所、その他のご要望によって変わるため、一概に「葬儀費用はこのくらいです」とはお答え出来ません。
ご葬儀をする場所や、ご葬儀の形式、ご会葬者様の数、祭壇の種類等によって葬儀費用は大きく変わってきます。例えば、葬儀会場だけをとってみても、葬儀社の直営葬儀式場、公営斎場、寺院や自治会館を利用した場合、あるいは市民葬儀を利用した場合で、ご会葬者様の数は同じでも葬儀費用は違ってきます。
ですから、私たちは他社の広告によくあるような「葬儀一式●●万円」という表示を一度もしたことがありません。
葬儀費用についてはどなたも不安で、一番お知りになりたいことだと承知しております。

まずは、葬儀事前無料見積のご利用をおすすめします。ご予算についてもご要望にお応えいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。
2017.07.10
知って納得!ご葬儀の豆知識 第7弾
==葬儀を執り行わない方が良いと言われている日==
友引の日は「死者が友を引く」という意味から葬儀を行わない事が多いです。葬儀(告別式)は執り行いませんが、お通夜は通常通り執り行われます。
※現在では多くの火葬場がお休みになっておりますが、一部の火葬場では営業している場所もございます。
2017.06.26
知って納得!ご葬儀の豆知識 第6弾
==葬儀社はどのように決めるべき?==
葬儀社を選ぶには1社に絞るのではなく、数社の資料、ご葬儀費用の見積りを取り寄せ、また、地域での評判を確認しておくと決めやすくなります。地域、予算、宗教などを明確に伝えると葬儀社の比較がしやすくなります。
もしもの時に備えて、事前のご相談をお勧めしています。勿論、事前相談したからといって、その葬儀社で執り行わなくてはならない訳ではありません。信頼できる葬儀社かどうか、事前相談で「くらべて選ぶ」ことが出来ます。また、ご葬儀の費用に関しては安ければ良いというものではありません。ご葬儀は人生に一度の大切な儀式です。費用面だけでお選びになるのではなく、担当者の姿勢や、立地条件、施設の設備などを考慮することで信頼して依頼できる葬儀社かどうか判断しやすくなります。

2017.06.12
知って納得!ご葬儀の豆知識 第5弾
==ご葬儀の形式や宗派の決定==
菩提寺がある場合は、司式者の予定を聞く必要があるため、すみやかに菩提寺の司式者に相談しましょう。

葬儀の形式にあわせて寺院や神社・教会へ連絡し、日時を決めます。了承されたら、宿泊先の手配や当日の司式者控室なども用意しましょう。
2017.05.29
知って納得!ご葬儀の豆知識 第4弾
== 通夜・葬儀の準備(事前の準備)==

【予算を決めて葬儀社に見積書作成を依頼する】
・ご葬儀の費用は、規模や場所、その他のご要望により変わってしまうので、一概に「費用はいくら」とはお答えできません。
 ご葬儀を行う場所や形式、会葬者数、祭壇等により、葬儀費用は大きく変わってきます。
 ご葬儀にかかる費用は大きく分けると以下の3つに大別できます。
 ① 葬儀費用  :祭壇・棺・骨壷等、会葬者数に関係なく発生するご葬儀の直接費用
 ② その他費用:お料理(通夜・告別式)や返礼品、供花など、葬儀形式による要・不要や会葬者数により変動する費用
 ③ 宗教関係  :例えば、お寺様に読経いただく場合のお布施、戒名等の費用

・㈱家族葬の各セットプランは上記の「① 葬儀費用」をまとめたプランとなりますが、②および③に係る費用は含まれておりません。内容は葬儀形式、会葬者数、お選びになる品物により変動致しますので、まずは、事前の無料相談・見積もりのご利用をお勧めします。どうぞお気軽に、ご相談ください。
2017.05.15
知って納得!ご葬儀の豆知識 第3弾
== 安置する場所はどうしたらいいの ==

■自宅に安置できる場合
宗教のしきたりにそった方法で、安置する布団を用意しましょう。布団は敷布団、掛布団を各一枚ご用意ください。

■自宅に安置できない場合
最近の住宅事情では自宅に安置できない場合が多々あります。自宅に安置できない場合は、霊安室の完備している葬儀式場などに安置するのも選択肢の1つです。

・仏式の場合はご遺体の頭は北向き(無理ならば西向き)に寝かせ胸元で手を組ませ、その手に数珠をかけてください。
・神式では部屋の上座に頭を向けましょう。
・キリスト教ではロザリオをかけましょう。ご遺体の頭の向きに特に決まりはありません。
・末期に水を差し上げる。しきたりにしたがって、心を込めて行いましょう。故人様の唇を水でしめらせる行為で、死者があの世で苦しまないようにと願いを込めた儀式です。死者の体を清め、男性なら髭を剃り、女性や子どもには薄化粧を施します。
・枕飾りの用意をする
2017.04.17
知って納得!ご葬儀の豆知識 第2弾
~万一の場合に備えて~
臨終にあたって・・・

【訃報を伝える】
ご親族が亡くなられた場合、まずはご親族、親しい友人に訃報をお伝えします。また、勤務先、菩提寺、町内会などには、ご葬儀の日程が決まり次第にご連絡します。
【葬儀社に連絡】
故人様が生前、自分で決めていた葬儀社があれば、遺志に添うようにしましょう。菩提寺がある場合には、寺院へ連絡します。ない場合でも、葬儀社にてご紹介していただくことができます。
【死亡診断書を受取ります】
死亡診断書は、故人が亡くなったことを法的に証明する書類です。死亡を確認した医師が死亡診断書を書いてくれます。
2017.04.03
知って納得!ご葬儀の豆知識 第1弾
~万一の場合に備えて~
もし、ご家族がご危篤になってしまったら・・・

ご親族の方々に電話等で連絡しましょう。目安は二親等です。普段はお付き合いがなくても、ご危篤の方の親、兄弟姉妹には必ず連絡します。連絡をする際は、慌てずに要点を確に伝えます。
①危篤者の名前
②危篤者がどこにいるのか。その場所と最寄駅、住所、電話番号、道順など
③病名や現在の状態など
④来て欲しい場合には、いつ頃までに来て欲しいのかなど連絡先窓口となる方の電話番号とあわせてお伝えしましょう。連絡が取れず、留守番電話・ファックス・メールで案内した場合でも、後で必ず電話で連絡を入れてください。

資料請求・お問い合わせ

火葬式セットプラン

193,000


プランの詳細

1日葬セットプラン

343,000


プランの詳細

家族葬自宅セットプラン

393,000


プランの詳細

家族葬セットプラン50

493,000


プランの詳細

家族葬セットプラン80

693,000


プランの詳細